FC2ブログ
受験準備
2016 / 02 / 29 ( Mon )
各高校で期末テストが終わりました。
ほっと息をつくのも束の間、それぞれに次の学年の準備をしていかねばなりません。
そこで、松進では大学入試に向けた指導会を行います。
3月18日(金)19:30~21:00、「いなっせ」5階で、入試制度や学習の方法などについてお話しします。
塾生でない高校生も聴講できます(無料)ので、お気軽にお問い合わせください。

0229.jpg
理系専任講師 三松
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
全員合格!
2016 / 02 / 26 ( Fri )
201602261634137de.jpeg

今日、東海大三高校の一般試験の合格発表がありました。
受験した学生たちの実力を考えれば、多分大丈夫だと思うんだけど…。
とは思いながらも、何が起こるか分からないのが入試です。
ドキドキしながら、合格発表を待ちました。

そして、東海大三高校まで合格発表を見に行っていた先生から
「全員合格です!」
という連絡が!
嬉しい、というよりはとにかく安心しました(苦笑)。

専願で受験していた学生諸君。
今日のために頑張っていた姿を、我々はずっと見てきました。
「今の頑張りが報われてほしい
そう思い続けてきました。
合格おめでとう。今までの努力に胸を張ってよいと思います。

併願で受験した学生諸君。
合格おめでとう。
ただ、皆わかっている通り、本番はこれからです。
残された日は10日あまり。
全力で頑張って、もう一度サクラを咲かせよう!

文系専任講師 藤河
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ラストスパート
2016 / 02 / 24 ( Wed )
23、24日は中学3年生対象の「入試直前特訓」を行いました。
個別指導講座は夕方から始まり、切磋琢磨講座は夜10時過ぎまで授業
受験生たちは私の一言一言に耳を傾け、ノートに書き込みます
長時間の授業でしたが集中を乱さず、一心不乱に授業に臨んでいました。
生徒の帰り際
「受験が終わったら何したい?」
生徒たちに聞くと
「寝たいです。」
「ゆっくり本を読みたいです。」
笑顔で答えてくれました。

公立高校後期試験まで、残り14日!
そして今日から後期試験の願書の受付が開始されました。
いよいよ受験もラストスパートとなります。
目標とする高校合格に向けて頑張りましょう
juken.jpg

理系専任講師 三沢
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
本気
2016 / 02 / 22 ( Mon )
今週は多くの高校で期末テストが行われます。
「学年末なので、結果を残せるように頑張ります」
みんな、積極的な姿勢を見せてくれます。

私立大学の一般入試がひと段落つき、国公立大学の前期試験が始まるのももう間もなく。
入試真っ最中の3年生の陰で、次の受験生となるべき2年生・1年生もまた、別の戦いに挑んでいます。
それぞれに納得のいく結果が得られるといいですね。
みんな、がんばれ!

理研専任講師 三松
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2016 / 02 / 19 ( Fri )
CIMG2017.jpg

徐々に私立大学の合格が出始め、高3生たちの進路も決まってきています。
「先生、合格しました!」
「今までありがとうございました
などの合格の報告をもらう時に、「この仕事をやっていてよかった」と強く感じます。

来週は国公立大学の前期試験が始まります。
全力を尽くして、最善の結果を掴み取ってほしいと心から願っています。

文系専任講師 藤河
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
前期試験合格発表
2016 / 02 / 17 ( Wed )
今日は公立高校前期選抜試験の合格発表がありました
毎年どの高校も高倍率となる前期試験。
先生全員が固唾を呑んで発表を待ちます
そして合格発表。
生徒の受験番号を発見すると
「よっしゃ~!」
自分のことのように喜びの声が上がります。
早速、生徒に連絡すると
「ありがとうございます!でも、これからも頑張るので今から塾に自習に行きます。」
合格で気を緩めることなく、しっかりと前を向く姿を感じることができました。

合格したみなさん、おめでとうございます。
そして残念な結果となったみなさん、これから後期試験があります。
志望校合格のため、私たちは全力でバックアップしていきます。
春を笑顔で迎えられるよう頑張りましょう!

理系専任講師 三沢
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
心遣い
2016 / 02 / 15 ( Mon )
T君のお家から
「いつもお世話になっています。みなさんでどうぞ」
と、お菓子をいただきました。
お土産
甘いものに目がない一部の先生は、
「あれにしようかな、それともこれにしようかな・・・」
どれをいただこうか、早々に迷っているようです。
沢山のお家から折に触れてお心遣いをいただき、その度にありがたいことだなあとしみじみ思います。
今回も感謝しつつ、みんなでおいしくいただきます。

理系専任講師 三松
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
だるま市
2016 / 02 / 12 ( Fri )
IMG_0604_convert_20160213085856.jpg   IMG_0601_convert_20160213085823.jpg

昨日、高遠で行われただるま市に行ってきました。
毎年、松進の先生たちが合格祈願で行っているこの行事。
聞くところによると20年以上行っているようです

今年も、松進の塾生の合格を祈願してきましたが、
「上伊那郡箕輪町の八十二銀行の斜め向かいにある松進箕輪校、伊那市の合同庁舎の横にあります松進伊那校…」
とお祈りをしていたら、長時間の祈願になってしまいました。
少し後ろの方に迷惑をかけてしまったかも?
ただ、松進生全員の合格は、しっかりと祈願できました!
後は努力あるのみ!ですね。

文系専任講師 藤河
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新たな発見!
2016 / 02 / 10 ( Wed )
今日の実験はこれをしました。
DSC_03223.jpg
以前同じような実験を行いましたが、あることを思いつき試してみると…
写真ではわかりづらいのですが、泡や水流など予想外の出来事が
また、しばらくそのままにしておくと目を離せない現象が起こります
実験中、生徒たちはジッと目を離しません。
実験は思い通りにいかないからこそ新しい発見が生まれるものです。
予想と反して結果が出るのも楽しいですね
今回の実験を通して改めて実験の楽しさを感じました。

理系専任講師 三沢
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
進学へ
2016 / 02 / 08 ( Mon )
昨日、伊那市「いなっせ」にて中2対象の進学指導会を開催しました。
初めて迎える高校入試。
仕組みはどうなっているのか、どんな受け方があるのか、そもそもどんな高校や学科があるのかなど、基本的なことから情報が与えられました。
また、後半には学習の仕方や成績の上げ方などについても具体的な話がされました。
参加したみんなは熱心にメモを取り、真剣に自分の進む道について考えているようでした。
己の道は己で切り拓く、その覚悟で頑張ってほしいものです。

進学指導会1602
理系専任講師 三松
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
最後まで…
2016 / 02 / 05 ( Fri )
3月の高校入試後期試験も近づき、自習に来る生徒が増えてきました。
彼らの態度は真剣そのもの
その姿勢が高校生にも好影響を与えているようです

ただ、「入試まで、死ぬ気でやります」と答えながらも
「終わったら少しだけ遊んでいいですよね」と笑って言う姿が中学生らしいですね(笑)。
彼らが4月を笑顔で迎えられることを祈っています

文系専任講師 藤河
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
豆まき
2016 / 02 / 03 ( Wed )
今日は節分。
松進でも生徒たちと豆まきをしました。
DSC01280.jpg
「鬼は~外
元気よく豆をまきます。
その後、節分の由来や豆まきについて話すと
「へ~、節分ってそうだったんだ
興味津々で話を聞いていました。
日本の伝統を伝えることも大切なことですね
ちなみに、節分に食べる「恵方巻き」は私が子どもの頃は食べる習慣がありませんでしたが、ここ何年か全国的に有名になってきました。
新たな文化が根付いてきたのだとしみじみ感じました

理系専任講師 三沢
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
驚き
2016 / 02 / 01 ( Mon )
「光ってなんだろう?」
そんな疑問から始めて、光についていろいろ探りました。
各教室で一昨日行った理科実験大会です。
「え~? なんで?」
「わあ~」
「おっ! すげ~!!」
「ほら、見て見て!」
あちこちから驚きや新しい発見の声が上がります。
子どもたちって、材料を与えると自分たちで様々に考えていくんですよね。
それがまた面白い。
今回もワイワイ楽しく、身近な科学に接することができました。
次回も乞うご期待、です。

hikarijikken.jpg
理系専任講師 三松
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |